ピアスの開け方

ぴあすのこころ / タイトル

ピアスの開け方

身体を美しく飾るピアスに憧れを抱く方も多いのではないでしょうか。しかし一方で、開けるのが怖いと感じる方も多いはず。ピアスを開けることは、開けてしまえばたいしたことではないのですが、しかしその開け方によっては大変なことになるケースもあります。正しいピアスの開け方の知識をつけることが大切です。 一番ポピュラーな耳たぶのピアスで、開け方としては、ピアッサーやニードルで開けるのが主流です。耳たぶを殺菌し、清潔な状態にし、用意したピアッサーやニードルで開けます。ピアッサーよりニードルで開けたほうが、穴の開き方が綺麗なためその後ピアスホールが安定しやすくなるのでお勧めします。耳の軟骨部分やその他の場所に開ける場合はピアッサーではなくニードルを使用したほうが無難でしょう。大切なのは開けた後のケアであり、薬用石鹸での洗浄やホットソーク等で様子を見ましょう。最低でも一ヶ月はファーストピアスをはずさないでおきましょう。

ピアスの穴をあける方法

耳のオシャレでイヤリングをしますが、イヤリングだと小さい物は余計な金具が見えたり、大きめのになると耳から落ちやすかったり、金具を締めすぎると耳が痛かったり、頭痛がしたりします。
そこで、どんなに小さくても余計な金具が見える事もないし、デザインも小さい物から下がる物まで豊富でお洒落を自由に楽しめる事でピアスを希望する人も多いものです。その為には、耳たぶに穴をあけなければなりません。その穴を開ける方法としては、一般的に病院で開ける方法と友人や知人に頼んで、あるいは自分で鏡を見ながらピアッサー、ニードル、安全ピンなどで穴を開けるなどの方法があります。安全性を考えたら病院で開けるのが一番いい方法ですが、自分でする場合は、ファーストピアスが内蔵された穴開け専用のピアッサーを購入して開ける事が一番のおススメです。痛みもなく一気に開ける事ができます。ニードルや安全ピンは、先を耳たぶをめがけて開けていくので痛みは避けられませんが、穴が綺麗に完成しやすい面はメリットです。
何れも開ける時は、氷で耳たぶを冷やし感覚を麻痺させる事で痛みが和らぐ効果があります。耳たぶを消毒液を付けたコットンなどで十分消毒をします。ペンで開けたい位置にマーキングし、そこに穴を開けます。開けた後は、貫通している事を確認し、消毒液でしっかり消毒をします。開けた後は、ニードルや安全ピンの場合は、事前に準備したピアスを付けます。穴が固まるまで1ヶ月程かかりますので、それまで外さない事が良いです。穴が固まるまでは、まめに耳たぶの消毒をする事が大切です。穴が固まれば好きなデザインの物に変えて自由にオシャレを楽しむ事が出来ます

recommend

在宅中国貿易の創始者・鈴木正行が読者の皆様に「本当に生きたい人生」の手に入れる方法を伝授します。

鈴木正行

「在宅中国貿易」がNHKのニュースで紹介されました。

在宅中国貿易

展覧会で多数の受賞に輝く少数精鋭の柴犬専門です。

柴犬

2017/9/21 更新

トップへ